マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

大人の模範が果たす役割

大げさに聞こえるかもしれませんが、結局のところ、わたしたちのマナーの善し悪しはわたしたちの生き方を反映しているのです。
ある人々の考えには反しますが、礼儀正しさが家庭で重要な場を占めるべきなのは、そうした理由があるからです。
その点に関して最も重要なのは、家族生活の他の面と同じく、親の模範です。
「わたしのするようにではなく、わたしが言うようにしなさい」と子供たちに言うのは、決して子供たちに礼儀を教える方法ではありません。
礼儀正しさに関する無数の詳細な点は、単なる口頭の指示によって学ぶのではなく、観察と模倣によって学んでゆくのです。
ある教育者は、「親は最高の教師であるにとどまらず、手本でもある。
我々の子供たちは我々の方法を模倣して学ぶからである」と述べています。
親切にしなさい、思いやりを持ちなさいと親から言われてはいても、口論し、うわさ話をし、無作法に振る舞い、すぐに腹を立てる親の姿を目にする子供たちは、いら立ちと挫折感を覚えます。
そういう子供たちが同じように振る舞うとしても、その子を非難できるでしょうか。
「こんにちは」、「どうぞ」、「ありがとう」、「すみません」といった言い方や、年長の人たちに敬意を示すこと、他の人々と分け合うことなどは、エチケットの基本です。
子供の時に家庭で学ぶそれらの特質には、一生役立つ価値があります。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.