マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

良い行動が良い内面を作る

以前から専門家は、青少年非行の対策として、若者の知性よりも感情を教育することが必要であるということを強調してきました。
IQよりもEQを重視する教育が必要なのです。
ある専門家によると、子供のときの行動や態度は、大人になってからの行動や態度の大部分を決定します。
しかし、その行動や態度を生じさせるのは、頭脳ではなく、感情です。
子供は励まされ、訓練された通りに、愛し、尊敬し、崇拝し、慈しみ、尽くすようになります。
このすべてにおいて、マナーは大切な役割を果たします。
礼儀正しさは、他の人に対する思いやりを示すことに外なりません。
内面的な感情は、外面的な振る舞いに影響を与えますが、外面的な振る舞いも内面的な感情の育成に寄与します。
思いやりのある行動をしながら、悪感情を持つことは難しいのです。
礼儀正しさは、最初はごく表面的なものかもしれませんが、いつまでも表面的なままであることはまずありません。
この専門家はさらに、わたしたちの行ないが知性よりも感情に支配される場合のほうが多く、わたしたちを訓練する仕方、わたしたちの行動の仕方は、たとえ最初は強制されたものであっても、内面の感情に影響を及ぼし、心を変化させるということを強調しています。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.