マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

良いマナーは家庭から

礼儀は、単なる目的のための手段ではなく、自分に有利なときに身に着けるようなものでもありません。
むしろ、他の人との接し方、わたしたちの態度、振る舞い、習慣的行為など、わたしたちの礼儀は、わたしたちが他の人々をどれほど気遣い、どれほど深く愛しているかを示す目安です。
そのようなマナーを教え、また学ぶことは、家庭から始まります。
家族は精密機械に似ています。
その部品は互いに密接な関係にあります。
熟練した人が潤滑油を注してはじめて、その機械をよく動く状態に保つことができます。
どうすることが人の役に立ち、丁寧で、感じがよく、礼儀正しいことなのかを知っていれば、幸福な家庭を築く上でとても役立ちます。
挨拶の言葉や、「ありがとう」、「どうぞ」、「申し訳ありませんが」、「ごめんなさい」といった、礼節や思いやりを示す、一般に良いと認められている日常の表現を口に出すことを学ぶなら、人間関係において破壊的な軋轢が生じるのを防ぐのに大いに役立ちます。
これらは短い言葉ですが、大きな意味のある言葉です。
だれでもきちんと言える言葉です。
費用は一銭もかかりませんが、それで友好関係を得ることができるのです。
自分の家で毎日マナー良く振る舞っていれば、一歩家から出て一般の人々の中に入っても、無作法な振る舞いをすることはないでしょう。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.