マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

周囲を観察してみる

大人数の人が参加する式典でのマナーを覚えるには周囲を観察する方法があります。
参加している全ての人が正しい訳ではありませんが、多くの人が同じようにしていれば合っている事が多いです。
式典では服装や持ち物にも気を配る必要があります。
式典に招待された時に「平服」と記載されていても通常はビジネススーツを着用するなど気を配ります。
式典では初めて会う人も多く来賓されている可能性があるので名刺は必ず持参していつでも挨拶が出来るようにしておきます。
式典とは祝賀会や竣工式、成人式、記念式典があります。
式典の招待状には返信が必要な場合が多いです。
返信が必要であれば都合が分かり次第早めに返信をします。
招待を受けた時からマナーは必要です。
式典に参加する回数があまりないと参加した時にどうして良いか分からない事がたくさんあります。
参加されている他の人とのコミュニケーションの取り方や座る場所にも悩んでしまいます。
入学式や卒業式など子供のお祝いの式典では子供は練習もして教えてもらっているので私語もせず静かに座って待つ事ができますが、保護者の方がいつまでも話をして式典を始める事が出来ない事も多いです。
主役は子供たちですが、来賓の方もいますし、学校関係者もたくさんいますのでお祝いの席で嬉しいとはいえ保護者がしっかりとマナーを守るべきです。
式典に参加しているという意識を忘れず参加した人が気持ちよく過ごせるようにしたいです。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.