マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

人に聞いて教えてもらう

分からない時は家族や知人など身近な人に必要なマナーや内容を教えてもらえます。
分からなくても聞きやすい相手に教えてもらう事は恥ずかしい事ではないので聞きやすいです。
インターネットでも調べる事が出来ますが、風習が違うと若干違う事もありどこまでが参考になるのか最終的には分からない事もあります。
マナーを教えてもらう時にとても参考になるのが職場で日常的に目にする人に聞く事です。
結婚式場で働いている人にご祝儀や服装のマナーを教えてもらう事が出来れば最新の情報を知る事ができます。
文書や名刺交換であれば新人研修を担当している人に教えてもらうと良いです。
海外の人と一緒に仕事をしている人には仕事上の風習や文化も学べる事があります。
仕事は一人だけでする事は少ないので必ず人間関係があります。
人間関係があるところにはマナーは必要です。
交友関係が広い人や異業種の人と会う機会が多い人もよく知っています。
マナーが分からないから出かけないのではなく学ぶ為にでかけても得る物は多いです。
会社だけを往復する毎日から1つ交流の場所を増やして円滑にコミュニケーションできるようにマナーを学ぶチャンスを作ると成長できます。
一度身に付けば自然とできるようになります。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.