マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

身に付くマナーと身に付かないマナー

職場や私生活でも常に身近にあるマナーについて知らない人が増えています。
人と顔を合わせた時に挨拶をしないなどしなくても怒られることがないため、面倒になって下を向いて歩く人が多いです。
あらゆる場面でのマナーを知らない事が恥ずかしいと思わない人が増えています。
学校では挨拶など集団生活に必要な基本的な事を教えてくれます。
多くのマナーは大人になり社会に出てから必要となります。
社会に出ると基本的なマナーは身についていると思われることがあります。
会社に入社すると挨拶や名刺交換のマナーを教えてくれます。
総務課など対外的な部署に配属なれば、ビジネス文書、案内状の作成の方法や封筒の出し方を教えてくれます。
職場で必要なマナーは新人研修で教えてもらえることが多いです。
挨拶は毎日の事なので一度身に付くと自然にできるようになります。
ご祝儀は親戚や知人のお祝いがあればその時に調べたり家族に聞いて覚えることができます。
覚えにくいのは部屋の上座や下座、エレベータの乗り降りの際、和食の正式な食べ方、式典出席のマナーです。
覚えにくいマナーは機会がなければ覚えられない事です。
現在ではお中元やお歳暮などお世話になった人に贈り物をする事が減ってきています。
大家族で生活をしていた時には家族を見て自然と覚えられたマナーが核家族になり、生活から目上の人に贈り物をする機会が減っている為、知らなくても困ることがなくなっています。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.