マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

結婚式に出席する時

愛し合う2人の門出を祝福する結婚式は、親族を始め様々な人が出席します。
様々なスタイルはありますが、神様の前で契りを結ぶチャペルや、神前式がその代表と言っても良いでしょう。
式はとても神聖な儀式でもあるのです。
その場でマナーに反する事を行えば、他人に迷惑をかける所の話では済みません。
まず結婚式に限った事ではありませんが、遅刻は厳禁です。
そもそも時間を守る事は常識です。
どんなに遅くとも15分前までには、席に着く様にしましょう。
またご祝儀の相場については、だいたい3万円前後とみて良いかと思います。
偶数は良く無いとされていますが、最近は対になっている事から包む人も少なくはありません。
ただどうしても気になるのであれば、札の枚数を奇数になるように調整すれば良いかと思います。
ご祝儀袋ですが、結婚式の場合は「一度結ばれたら解けない」為に結び切りの方を使用します。
蝶結びは出産や進学祝い等、何度あっても喜ばしい時に使います。
ただ金額云々よりも、お祝いの気持ちの方が重要です。
経済的に厳しいのであれば、少額でも構いません。
最近は堅苦しいものではなく、フランクになりつつあります。
常識ある行動が大前提となりますが、そこまで難しく考えなくても大丈夫かと思います。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.