マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

会席料理のマナーについて

和食と一口に言っても、その種類は無限大にあります。
天ぷらや寿司はその代表と言っても良いでしょう。
普段食べる分に関しては気にする必要はありませんが、然るべき場所でというのであれば話は別です。
冠婚葬祭等でよく出されているのは、会席料理になります。
主な流れとしては、最初に前菜が来て、お刺身・煮物と続きます。
場合によっては最初からある程度出ている所や、一品ずつという事もあります。
またメニューも多少かわりますが、基本的には同じです。
頂くタイミングとしては、主賓が箸を取った後になります。
ガツガツせずに味わって食べる様にしましょう。
それぞれのメニューに関しての食べ方については、細かい所までとなると限りがありません。
基本的には下品にならず、綺麗に食すれば問題は無いかと思います。
またお酒を勧められる場面があるかと思いますが、飲めなかったとしても1杯は口につける様にして下さい。
しかし時には、食べられない物が出される事もあるかと思います。
好き嫌いは誰でもあります。
こればかりは仕方ないので、正直に言って引いてもらう様にして下さい。
食べられないからと、折角出された料理を残す方が無礼になります。
食事は、最もマナーが問われる場面です。
1つ1つの所作に注意して、頂きましょう。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.