マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

マナーは人との交わりの基礎ツール

挨拶の仕方、名刺交換、敬語を含めた話し方、話題の選び方、エレベーターの乗り方、廊下の歩き方、上座・下座の意識、その他、オフィスでの一挙手一投足がすべてビジネスマナーに則っている必要があります。
こんなことを書くと、そんなことは無理ですと反論されそうですが、「できる」ビジネスマンやウーマンは、これをそのままやってのけているし、また、やろうと努力しています。
いくら説得力のある文書が作成できても、肝心のマナーがなっていなかったら、ビジネスの世界では本当の戦力にはなりません。
マナーは軽視するという考え方の人も中にはいますが、よほどの実力があって、常識的なふるまいに少々疑問が残ってもそれを越える成果を出している人でなければ、なかなかそんな主張は認められないのがビジネスの世界です。
人間同士の交流を通してまとめられ発展的に進んで行くのがビジネスです。
人と人の関わりは、互いに相手を思いやるという配慮なしには築き上げられません。
自分の仕事を理解し受け入れてもらえ、進んで協力してもらえるためにも、マナーに沿ったコミュニケーションは不可欠です。
堅苦しいものだという先入観を捨てて、人と人のつながりはここから生まれるという意味でマナーを見ると、違って見えてきます。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.