マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

香典は相手の悲しみに寄り添う気持ちで

ご祝儀もそうですが、不祝儀と呼ばれるお悔やみ関係のシーンでも、マナーには配慮する必要があります。
香典は人の死と遺族の悲しみ、宗教という、とてもデリケートなものが直接関係してくるものなので、マナーはしっかり意識して用意しましょう。
「御仏前」「御霊前」「御香典」など、いくつかの呼び方がありますが、宗教的に問題のない表現は「御霊前」です。
葬儀が仏教ではなさそうだと思う場合は、とりあえずは「御仏前」は避けて「御霊前」の封筒を用意しましょう。
同じ日本の文化の中に住んでいますから、受け取られる方の気持ちとして、「御仏前」と書かれているからといって不快感をあらわにする喪主や遺族はほとんどいないとは思いますが、そこはマナーという相手への配慮が問われます。
通夜も葬儀も出席できない場合は、現金書留にして香典を送ります。
それも、香典の封筒だけが入って届くよりは、一言弔意のことばがあると優しく響きます。
ですから弔電を打つのを忘れないようにしましょう。
封筒の下の部分には自分の名前をフルネームで書くのがマナーです。
たくさんのお名前を頂戴するお別れの式で、後で整理して挨拶状を出すときに、同姓の人がいて喪主が困るかも知れません。
そんな配慮を忘れないようにしたいものです。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.