マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

座席の座り方に関するマナー

ビジネスマナーの一つに、席の座り方があります。
誰がどこに座る必要があるというのがマナーとしてありますので、しっかりと覚えておくようにしてください。
まず、普通に会議をする時の席順がありますね。
様々な座りがありますが、出入口の一番遠いところが偉い人が座っていきます。
また、客席や自社席と言った座り方もありますので注意しましょう。
間違った座り方をして大きな恥を出さないようにしてください。
次に、車の席順ですね。
これにもマナーがあります。
車の状態によって変わりますのでしっかりと理解して座るようにしてくださいね。
ただし、この座り方はほぼそのとおりに座ることはありませんね。
確かに偉い人と席を共にする場合は必要になりますが、そのような状態が早々ありません。
ですが、覚えておいて損はありません。
そして、これはマナーというよりも規則に近いですが、体の不自由な人向けの優先席は基本的に座ってはいけません。
どうしても混みあう場合は座っても良いかもしれませんが、そこは不自由な人のためのところなので注意です。
あとは、タクシーの運転席に足を乗せるようなことは明らかなマナー違反なのでしないようにしてください。
まあ、これはする人は少ないでしょうがね。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.