マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

退職をする時にどのようにすればよいか

人によっては、退職をするときは適当でよくないかと思っているかもしれませんが、仕事をしているのは自分だけではないので、しっかりと退職する時にマナーがありますのでそれを守るようにしてください。
もちろん、完全に会社が無くなったとしてもマナーは守ったほうが良いですがね。
それで本題ですが、少なくても退職をするのに1ヶ月の猶予期間が必要になります。
この1ヶ月で仕事の引き継ぎなどをして退職するのがビジネスマナーですね。
だから、すぐに退職することは基本的には出来ません。
また、退職をする場合は退職願を出さないといけません。
その書き方はここでは詳しくはしませんが、調べれば書くことが出来るでしょう。
そして、理由ですが詳しく説明するよりも一身上の都合によりというのが良いです。
何かしらの理由がある場合、その理由を解決してくることがありますね。
そして、退職できない場合がありますので注意でしょう。
だから、一身上の都合が良いのですよ。
あと、名刺やパソコンを使用しているならデータも残しておくようにしてくださいね。
絶対に自分の家に持っていくような事はしないようにしてください。
特にデータは持ち出し厳禁です。
あと、後任者がわからないことがある場合電話やメールが来るかもしれませんが、それはしっかりと受けるようにしてください。
これもマナーといえばマナーでしょう。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.