マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

名刺交換にもマナーがある

会社によっては名刺がない場合もありますが、名刺がある人はしっかりと覚えておいた方が良いのが名刺交換時のマナーです。
よく名刺交換にマナーは無いだろうと思っている人がいますが、これにもマナーがあります。
しっかりと渡せないと「あ、こいつダメだな」と思われることがありますので注意ですね。
例えば、名刺をもらう時も、もらい方というのがあります。
単純にもらうようでも名刺の持つところに注意が必要でしょう。
持つところが悪いとマナーがよくないですね。
そして、同じように渡すのもマナーが必要になります。
これはマナー以前の問題ですが、自分の名前などがしっかりと相手にわかるように渡すようにしてください。
間違っても、逆側に渡さないようにしましょう。
あと、相手がもらいやすいように運ばないといけません。
これらのマナーが必要になります。
ちなみに、渡された名刺の保管にも注意が必要になります。
そのままポケットに入れるというのは良くありません。
しっかりと名刺入れに入れるようにしてくださいね。
仮にない場合はできるだけ大切に保管しましょう。
なお、着席する時にもらった場合はすぐにしまうのではなく、置いておくことをおすすめします。
そうすれば仮に名前がわからなくても確認できますね。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.