マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

エチケットとマナーの共通部分と違い

同じような意味合いで使用される事が多いです。
どちらも他人に不快な思いをさせない事につながります。
人間関係を円滑にするのに役立ちます。
職場や公共の場、交通機関など不特定多数の人がいる場所では必要です。
迷惑をかけなければ良いという気持ちだけでなく更にお互い気分よく過ごせるようにと考えると自然と身に付きます。
交通マナーを守るという事はよく言われますが、自動車や歩行時のルールを皆が守れば事故になりません。
飲食店や製造業では服装や髪形まで決まっている事が多いですが、きちんと理由があります。
食品を扱う場合には衛生上の問題があるので帽子を被ったり手袋をします。
エチケットには分かりやすい言葉で咳エチケットがあります。
風邪をひいて咳が出ている時にマスクをして周囲の人に感染しないようにします。
職場では大人数の人が同じ場所で働いている為、咳エチケットはルールになっている会社もあります。
一緒に働いている人への配慮は大事です。
複数の人たちと会話をしていて品のない話をしない事や、話題に入れない人に分かりやすい話をして話題に入りやすいようにするなどがエチケットです。
一番の違いはマナーはルールとして決まりごとの要素が強く、エチケットには気配りの要素が強い事です。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.