マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

エチケットどう違うのか

エチケットとマナー、似たようなイメージで聞いていませんでしたか。
いざ違いを言ってくださいと訊かれると、ちょっと考えてしまいますね。
エチケットというのは行動規範とも呼ばれることがあり、相手あるいは周囲への思いやりの表現です。
フランス王朝時代の宮廷内での、相手に対する配慮から来ていると言われています。
例えば、特に冬になると気になる咳の問題があります。
駅や電車やクリニックの待合室など人混みや閉鎖空間で誰かが大きな咳をしたら、周囲の人は一瞬息を呑んだりします。
咳が大きく聞こえてくるのは、その人がマスクをしていたり口元に手を当てていない証拠だからです。
最近の啓蒙広告では「咳エチケット」などと書かれています。
マナーは社交的な場で相手にどのような態度をとるかです。
国や文化によって違いもあります。
日本という社会で仕事をしている日本人であれば、日本の一般的なマナーを心得ている必要があります。
日本でアフリカやアラブ圏のマナーを頑張って守っても、国際親善の一翼を担うこともほとんどないでしょうし、周囲から奇異の目で見られて敬遠されるだけです。
挨拶の仕方、名刺交換の仕方、メールの書き方・返し方、その他のビジネス・シーン、会食やパーティでの立ち居振る舞いなど、マナーをきちんと身に付ける必要があります。

RECOMMEND

Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.