マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

西洋料理のマナーについて

海外へ行かずとも、日本では様々な国の食事を楽しむ事が出来ます。
寧ろ食べられない国の料理は無いと言っても、過言ではありません。
しかし所が変われば文化も変わる様に、食事のマナーも日本とは全く異なります。
西洋料理のフルコースの場合、メニューは順に前菜・魚料理・肉料理・デザート・コーヒー(紅茶)となります。
店によって多少変わりますが、基本的には何処も同じと見て良いでしょう。
マナーに関しては、綺麗に尚且つ上品に食べる事を意識すれば大丈夫です。
ただ悩み所としては、カラトリーの使い方にあるのではないでしょうか。
フォークやナイフ・スプーンの総称で、通常は位置皿の左右に並べられています。
基本的には、外側から順番に使って行きます。
万が一順番を間違ったとしても、気にする事はありません。
お店の人に言えば、きちんとフォローしてくれます。
また、うっかりと落としてしまう事もあるでしょう。
自分でと行きたい所ですが、それをしてしまうとマナー違反になります。
その時には、軽く手を挙げてお店の人に拾ってもらう様にして下さい。
慣れない場での食事は、何かと緊張するものです。
そんな中でもマナーをしっかり守り、楽しんで行こうではありませんか。

RECOMMEND

Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.