マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

名刺の受け渡し方

仕事をする上で、名刺は欠かせないツールです。
正に「顔」と言える存在となっており、分身であると言っても良いでしょう。
もし折れ曲がっていたり、少しでも汚れていたりすると人間性を疑われてしまいます。
名刺交換1つとっても、マナーが問われるので油断してはいけません。
渡し方は、まず名刺を取り出します。
よく財布や定期券の中に入れている人もいますが、これでは絶対に駄目です。
必ず専用の名刺入れを用意するようにして下さい。
取り出したら、両手で持ち胸の高さまで持って行きます。
この時に、名刺に書かれている名前が相手側に見える様に心がけましょう。
そして自分の名前を名乗り、渡します。
次に受け取り方ですが、名刺を差し出されたら必ず両手で受け取ります。
その後確認の為、相手の名前を復唱しましょう。
もし読めなかった場合は、素直に聞いても構いません。
後で知らなかったとなっては、大問題です。
受け取りが終れば、名刺はしばらく手元に置いておきます。
テーブルの上に名刺入れ・名刺と順番に重ねて行きましょう。
殆どの場合は、初めて会った時に名刺の交換が行われるかと思います。
少しでも無礼があれば、その後の仕事にも差し支えが出てしまうかもしれません。
間違いが無い様に、気をつけましょう。

RECOMMEND

Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.