マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

名刺交換は好印象の決め手

ビジネスシーンでマナーが問われる一番基本的な一つに名刺交換があります。
名刺交換に特化した研修会までやっている会社があります。
営業など外回りの新入社員には、会社にとって絶対に身につけてもらわなくては困るマナーです。
名刺交換は自分を名乗ることであり自己紹介ですから、自分が先に相手の自己紹介を受け取るか否かが、相手によって自ずと決まってきます。
目上の相手が先に名刺を差し出してくれ、それを受け取ってからこちらの名刺を渡すというのは、マナーの逆です。
しかし頭の低い目上の人もたくさんいて、もし同時に名刺を出してしまったら、先に受け取っても良さそうな仕草が見える場合もあります。
そんな時も、うっかり先に手を出してしまわないようにします。
また外部の人の場合、得意先や年上、あるいは役職的に上位とわかる場合も同じです。
差し出された名刺より高い位置に自分の名刺を出さないようにするのも、マナーです。
急いで受け取るときにありがちなのが、相手の名刺に印刷されている会社名や個人の名前の部分に指をつけて受け取ることです。
相手の名刺を汚すことになります。
縁を持つように心がけましょう。
中には汚れたり端が曲がった名刺をくれる人がいますが、あれはNGです。
名刺ケースに入れて持ち歩くほうがいいですよ。
Copyright (C)2018マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.