マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

マナーを制する者はビジネスを制する

マナーというと堅苦しい気分になるかも知れませんが、それぞれ一人ずつ違う人間が一緒に生活したり仕事をしたりするとき、それを社会と呼ぶのでしょうが、できるだけ互いに感じ悪い思いをしなくていいように、気持ちよく接し合う配慮が求められるのは、ごく当たり前のことだと思います。
特にビジネスでは、それが直接・関節に会社の利益や自分の実績に関係してくるので、マナーについてまじめに心得ておく必要があります。
こんな細かいことを問題にするのは日本社会だけで、外国ではみんな自由ですと言う人がありますが、そんな事は決してありません。
世界中どこに行っても、互いに気持ちよく接して効率よく成果を上げようとするのは共通の関心事です。
日本語だからマナーが細かいというのは嘘で、英語でもマナーに沿った表現というのがたくさんあります。
冠婚葬祭のシーンや式典、その他職場の日常のシーンでも、マナーを心得ているかいないかの違いはかなり大きいのです。
こうしたシーンでいかにマナーに沿って行動できるかが、その人の成功にもかかっていきます。
特にある程度のポストに就いている人や営業の人は、常時人と接していますから、マナーを疎かにすることはできません。
Copyright (C)2015マナーを制する者はビジネスを制する.All rights reserved.